3Dモデルが塗りつぶされて陰影がわからない


HoloLensおよびiOSデバイスで会議に参加した際、以下の様に3Dモデルが特定の色で塗りつぶされたように見えて、陰影が見えず形状がよくわからないというケースが生じる場合はあります。これは3Dモデルが陰影のデータがテクスチャに含まれていないために生じていますが、こちらでは解決方法をご紹介します。

一度アップして上記のように正常に表示されていない3Dモデルがある場合は、まず専用サイトの会議管理画面より、対象の3Dモデルにチェックを入れた状態で、青枠で囲われた陰影切り替えボタンを選択してください。

一陰影切り替えボタンが押されると、以下の様に対象の3Dモデルの「陰影」欄にアイコンが表示されますので、この状態になればOKです。

あとはHoloLensおよびiOSのアプリに戻り、ハンドメニューから更新ボタンを押してください。

すると3Dモデルが再度読み込まれ、以下の様に陰影が反映された状態で表示されます。