業務へのメタバース導入を、安全かつシンプルに


WHITEROOMがあれば職場と家、会議室と現場、人と人を
距離や時間を超えて一つにつなげます​
これまでの働き方を変えるだけでなく、これからの働き方を創っていく
気軽に「会えない」今だからこそ、実際に「会う」以上の体験を



About

WHITEROOMとは


WHITEROOMは、Virtual Reality (=仮想現実) とMixed Reality(=複合現実) の双方に対応した、企業向けメタバースプラットフォームです。

ネットワーク環境があれば、どこからでもVR/MRに対応したデバイスを使って複数人で同じ空間に集まりコミュニケーションできます。

参加者はアバターとなって空間に現れて、3Dモデルをはじめとした様々なメディアファイルを自由に使いながらやり取りができます。

VRとMRのそれぞれの良さを活かし、お客様のVX(=バーチャルトランスフォーメーション)を手軽かつセキュアにご支援します。

Virtual Reality – 仮想現実 とは?

VRでは、環境や物体が全てが3DCGによって作られたバーチャルな空間にユーザーが没入するかたちで体験します。

Mixed Reality – 複合現実 とは?

MRでは、現実空間上に3Dモデルをはじめとした様々なデジタルデータをホログラムとして表示して体験します。

バーチャルトランスフォーメーションとは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)の次に到来するとされる概念で、XR技術を軸に業務をデジタル化して生産性を高める事を示します。



Features

特徴


WHITEROOMでは3つの”マルチ”で、使いやすさをサポートします。


マルチデバイス

現在はHoloLens2 / Meta Quest2 / iPhone / iPad / PC(β版)に対応し、異なるデバイス同士でも同じ空間に同時参加が可能です。


マルチユーザー

通常のテレビ会議と同様に複数人で会話できるだけでなく、アバターを使うことでより対面に近いコミュニケーションを実現します。


マルチメディア

3Dモデル / 点群 / Word / Excel / PowerPoint / PDF / 画像 / 動画 / 音声ファイルに対応し、ドラッグアンドドロップで簡単にアップロードできます。

 
→WHITEROOMの詳細なスペックについて知る


Use case

使用例


「メタバースやXR技術を導入したいけれど、具体的にどのように活用すればよいかわからない…」
そんなお客様に代表的なWHITEROOMの活用方法をご紹介します。

デザインレビュー

製品のCADデータを関係者で一緒に見ながらの議論に加え、付箋機能や3Dペンを用いて課題・気づいた点をその場で記入もできます。

遠隔支援

現場の作業者がHoloLens2を装着して一人称視点の映像を配信することで、遠隔地の技術者がリアルタイムにサポートできます。

実習授業

オーサリング機能を組み合わせることで、コロナ禍により実施が難しくなってしまった複数人での実習授業をリモートでも可能にします。

総合学習

画像、動画、3Dモデルなどのマルチメディアを組み合わせた体験型の総合学習を通し、生徒の学習への意欲やディスカッションを促進させます。

プレゼンテーション/セールス

アニメーション付きの3Dモデルや原寸大表示機能を使ったダイナミックなプレゼンテーションができ、より効果的に製品をアピール可能です。

建設/不動産

BIM/CIMなどのデータも対応形式(fbx/glb/gltf)に変換すれば表示でき、施工前のシミュレーションなどが可能です。(一部制約あり)

プロモーション

iPhone/iPadだけでも利用可能で、体験型のコンテンツを手軽に作成できるので、よりインパクトのあるプロモーションを展開できます。

エンタメ/ツーリズム

フォトグラメトリで作成したモデルや、360度画像、オーサリング機能を組み合わせる事で、新たな体験をコーディング不要で創れます。


Functions

多彩な機能

使いやすさにこだわったWHITEROOMの多彩な機能をご紹介します
 

アバター

会議にはアバターとして参加でき、さらにオプションサービスを利用すれば、あなたそっくりのリアルなアバターを作成できます。

付箋/議事録

音声入力で付箋が作成できます。作成した付箋は会議終了後にサイト上から一覧で見れるため、議事録としても使えます。

3Dペン

ホワイトボードに描くように、空間上に自由に線を描いて、相手にアイデアや考えをすぐに伝えられます。

スライサー

3Dモデルの断面を自由に見られます。CADデータなどの内部の構造をよく見たい際にお使い下さい。

原寸大表示

3Dモデルを原寸大で表示できます。実際の製品とCGデータの比較や、レイアウトのシミュレーションが可能です。

シーン選択

会議の規模や用途に応じて、ルームのデザインを切り替えられるだけでなく、360度画像も設定可能です。(VRのみ)

オーサリング

インタラクティブなXRコンテンツのプロトタイプをコーディング不要で作成でき、それを複数人で体験できます。(β版)

同時翻訳

相手の話した言語をリアルタイムに翻訳して字幕として表示できるので、グローバルな会議にも対応可能です。(α版)

3Dマップ

場所を指定するだけで、そのエリアの立体的な地図のモデルを自動生成することが可能です。(一部エリアのみ)

Webブラウザ

アプリを起動中でもWebブラウザを使用でき、iOSとQuest2では見ているページを空間上に共有もできます。

ブロードキャスト

HoloLensで見えている現場の状況を、遠隔地のPCにライブ配信できるので、遠隔での作業支援も可能です。

セキュリティ

2段階認証をはじめとして、企業様で導入できる水準の各種セキュリティを設けています。

 
→WHITEROOMの対応機能について知る


Plans

プラン


トライアルをご希望のお客様は、ぜひお問い合わせください。 
お申し込みされたその日から月末まで、無償でご利用いただけます。 


プラン名 スターター版

まずは最小構成で導入をご検討されている
お客様向けのプランになります。
WHITEROOM の全機能をご用意しております。

エンタープライズ版

こちらは企業向けのプランになります。
セキュリティやアカウント管理など、
企業に実務運用に適したプランになります。

ご利用料金
初期費用 0円
月額費用(※1~3) 100,000 ~ 円/月(税抜) 1,000,000 円/月(税抜)
スペック
登録可能ユーザー数 10名~(※4) 無制限
参加上限人数 10名 10名~(※5)
オンプレミス対応 × (※5)
カスタム追加開発対応 × (※5)
サポート体制 オンラインヘルプデスクでのお問い合わせ + ライセンス数に応じて専門コンサルタントがサポート


(※1) :年間契約となります。(※2):デバイスの代金等は含みません。(※3): 最新バージョンへの無料アップデートを含みます。(※4):スターター版の場合、11人目以降は月額10,000円で追加可能です。(※5):対応には別途費用が発生いたします。

Partners

 

導入いただいている企業/団体様

  
すでにWHITEROOMを導入いただき、業務で活用されている企業/団体様の一部をご紹介します。
(五十音順)

FAQ

よくあるご質問

  
Q. HoloLens2などを持っていなくてもWHITEROOMを利用できますか?
 →iPhone/iPad/Meta Quest2など、他の対応する端末があれば1台からWHITEROOMをご利用いただけます。対応するiPhone/iPad一覧はこちらをご覧ください。


Q. 対応するファイル形式、拡張子を知りたい。
 →画像、動画、音声、文書、3Dモデルに対応します。詳細な対応形式一覧はこちらをご覧ください。


Q.トライアルはできますか?また、契約期間の制限はありますか?
 →一カ月間の無償トライアルをご提供しております。契約に関しては初年度のみ年間契約とさせていただいております。詳細はお問い合わせください。


Q. 同時に何人参加できますか?
 →デバイスの組み合わせは自由ですがスターター版では10人、エンタープライズ版では要相談となっております。詳細はお問い合わせください。


Q. 興味はあるけれど社内のユーザーが使いこなせるか不安
 →ご契約いただいたお客様には初回導入ワークショップ(無償)をご提供しております。加えてQ&Aをまとめたサポートサイトもぜひご覧ください。

– Gallery –

Kobe
神戸大学 様
WHITEROOMを用いた救急対応トレーニングコンテンツ
神戸大学医学部保健学科にて、実習授業で使用するトレーニングコンテンツの制作にWHITEROOMをご活用いただきました。新たに開発されたオーサリング機能を用いることにより、コーディング不要でインタラクティブなXRコンテンツの作成が可能になりました。YoutubeにてダイジェストPVを公開中ですのでぜひ御覧ください。
Tohoku
デジタル震災遺産で学ぶ大熊の今
東日本大震災の影響で現在立入が制限されている大熊町地域を対象に、点群データとXR技術を活用することで「震災遺産」としてメタバース上で複数人で同時に観察/議論するという体験の場を作りました。これを通して10年前の震災/原子力災害を見つめ直して再考する機会を創出し、これらを通じて教育・防災という観点での点群データの有効活用を図ることを目的として実施いたしました。

※本事業は国土交通省 国土地理院による公募「令和3年度 3次元点群データ利活用に係る実証」に採択されました
Hitachi
株式会社日立製作所 様
WHITEROOMではじめるコラボレーティブコンピューティングことはじめ
2021年5月26日にWHITEROOMに関するセミナーをオンラインにて開催いたしました。
セミナーでは、WHITEROOM自体 のご紹介に加えて、実際に WHITEROOM をご活用いただいている株式会社日立製作所様にご登壇いただき、現在推進されている新しい取り組みについてデモを交えてご紹介いただきました。Youtubeにてウェビナー全編公開中ですのでぜひ御覧ください。
Kyoto
京都光華女子大学 様
遠隔会議システムWHITEROOMを活用したリモート看護技術演習
2021年2月、京都光華女子大学でWHITEROOMを用いた看護技術演習の検証授業を行った様子の映像です。新型コロナウイルスの感染拡大により、これまでのように対面での授業が難しくなった現在、実習授業が必須とされる看護学科においては深刻な課題になっていました。そのような状況下でもWHITEROOMを用いることで、一部の学生は実習室から、もう一部の学生は自宅から授業に参加し、人体や医療器具の3Dモデルを用いて、これまでの実習授業と同じような体験を実現しました。
Chomoro
ちょっと先のおもしろい未来-前日祭
「未来のプレゼンテーション ~竹芝から発信する表現の未来~ 」
7/3(土)・7/4(日)に東京ポートシティ竹芝で開催されたイベント「ちょっと先のおもしろい未来(ちょもろー)」の前日にYoutube Liveにて行われたライブ配信イベント「ちょっと先のおもしろい未来 – 前日祭」で、WHITEROOMをご紹介いただきました。
未来の都市開発に向けて、XR技術の利活用について取り組みを進めている東急不動産株式会社様に、竹芝の未来と題して、竹芝一帯の地図の3Dモデル(Plateau)を用いたデジタルツインの可能性や、これまでにない新しい遠隔地とのコミュニケーションの在り方について、WHITEROOMを実際に使用して紹介いただきました。
XR2021
XR 総合展 2021
2021年4月に開催されたXR総合展で行った、WHITEROOMの展示の様子のダイジェスト映像です。
今回の展示では、新型コロナウィルス感染対策を考慮しプレゼンターによるリアルタイムでのデモンストレーションを行いました。
コラボーレーティブコンピューティングを実現するWHITEROOMを用いて、実際に遠隔地にいる人と会場のプレゼンターが共同で、地形や建物の3Dモデルを駆使して都市計画テーマにしたセッションを行いました。
XRKaigi2020
XR Kaigi 2020
SPECIAL SESSION 「さらなる進化を続ける Mixed Reality の世界について」
昨年オンラインにて開催されたXR KAIGI2020で行われた特別セッションの様子の一部です。
HoloLens2のリリースにより様々なビジネスの現場で活用が進んでいるMixed Reality技術、その一例として日本マイクロソフト様にWHITEROOMを実際に使用したデモセッションを行っていただきました。
previous arrow
next arrow

はじめましょう

ご希望の方はぜひお問い合わせください
以下のデバイスに対応しております

iPhone / iPad
HoloLens2
Meta Quest2