About 「WHITEROOM」は現実と仮想を融合した空間で、ミーティングとプレゼンテーションの両方が簡単に作成・共有できるサービスです。

共有したい素材をブラウザから手軽にアップロードするだけで、現実空間上にすぐ表示でき、自由に配置・編集。
簡単にインタラクティブなコンテンツを作成できます。

さらに、メンバーを招待することで、まるでその場にいるかのような臨場感のあるコミュニケーションが可能です。


利用シーンに合わせて多彩な機能を組み合わせ、新たな価値・体験を生み出すサポートをします。
WHITEROOM For HoloLens by Nangok R Studios
WHITEROOM For HoloLens by NangokR Studios
Spec
対応ブラウザ Microsoft Edge最新版  Google Chrome最新版
対応デバイス Hololens2 iPhone iPad Magicleap(予定)
登録可能会議数 制限なし
登録可能ユーザー数 制限なし
参加人数(会議毎) 10人(プレゼンター含む)
登録可能ファイル数 制限なし(※ただし容量制限あり)
ファイル容量(会議毎) 300MBまで(3Dマップは一つにつき30MB)
表示ファイル形式 ドキュメント・写真 .png .jpg(※1) 
Officeドキュメント(Word Excel PowerPoint等)
ミュージック・効果音 .wav .mp3
ムービー .mp4 .ogv
3Dモデル .fbx (※2)
3Dアバター .fbx (※3)
※1... PDF・Officeドキュメントは画像が必要になります
※2... アニメーションはモデルと同じFBXに含める必要があります
※3... humanoidに対応したリギングがされていないモデルは首振り制御がされません

Q&A

今年に予定されている、HoloLens 2のローンチに合わせて正式リリースを目指しています。現在はクローズドβ期間として、Mixed Realityの活用をご検討されている企業様向けにご提供しています。

現在Hololens2のみの対応となっております。

今後iOS対応版についても提供予定です。

お問い合わせください。

含まれません。デバイスは別途購入していただく必要があります。

ありません。弊社で用意したサービスをご提供いたします。

現実の空間が見えて、自由に歩き回れる、ということが一つ大きな利点です。
例えば、プロダクトがこの空間に収まるのかといった空間プランニングや、現物とCGを重ね合わせて、動きや違いを確認するなどが可能です。
またオーサリング機能と呼んでいるのですが、簡単な設定操作で、配置したCGなどに動きを付けられる機能が非常に好評です。

配置したCGに近づいたり、見つめたりすると、そのオブジェクトが音を鳴らして動きだしたり、あるいはプレゼン資料を自分を中心に円形に取り巻くように表示して、ページ間を歩きながらプレゼンしたりといったような演出が可能です。

現段階ではプレゼンターを含む10名程度の同時参加者を推奨しています。

HoloLensだけではなく、スマホやPCなどで気軽に使えるようマルチプラットフォーム対応する予定です。
相手の見えている視点をリアルタイム映像で見せる機能や、アバターの選択機能、
点群データなどアップロードできるデータの種類についても拡張を検討しています。

詳しくはお問い合わせください