【特集】Collaborative Computingで実現する未来の働く場所

2021年3月、MicrosoftがMixed Reality(複合現実)開発プラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表し、大きな話題になりました。
近年急速で進化を続けるMixed Reality技術、その仕組みや用語、活用事例などをご紹介します。

複合現実 / Mixed Reality(MR)とは?

 複合現実はMR(Mixed Reality)とも呼ばれ、広い意味では現実空間をセンサーで認識し、そこにデジタルの情報(CG)を表示する技術の総称を指し示します。

 例えばMRを利用すれば、あなたの部屋にバーチャルの動物の3Dモデルを出現させたり、あなたのオフィスにバーチャルの自動車を原寸大で表示させたりする事が可能になります。

 MRと似た概念として知られる仮想現実(VR : Virtual Reality)は、現実世界を遮断してすべてがCGで構成された空間に没入しますが、MRはVRと異なり、現実空間上にCGを表示して体験する点が大きな特徴になります。

 また、同じく似た概念として挙げられる拡張現実(AR : Augmented Reality)は、カメラの映像にただ重ねて情報を表示するだけですが、MRは複数のカメラや画像認識技術を駆使し、現実空間の形状を認識して理解したうえでCGを表示している点が異なります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/hololens-2/91pnzzznzwcp

 現在、MRを体験できる主要なデバイスには、Microsoftの開発するHoloLens2が挙げられます。頭部に装着するバイザー型をしており、これ一台が一つのコンピュータになっているので、誰でも簡単にMRの世界を体験できます。

 HoloLens2には複数のカメラと高度なプロセッサーユニットが搭載されており、現実空間の形状を把握して理解できるだけでなく、ユーザーの手の形を認識できる(=ハンドトラッキング)ため、コントローラーなどを使わずに目の前のCGを掴んで操作する事ができます。

 これまでコンピュータの形態はメインフレームが使用されていた時代から、パソコン、スマートフォン・タブレットと進化を続けてきましたが、Mixed Realityこそがその次にあたる第四世代のコンピューティングプラットフォームになるとMicrosoftは位置づけています。

 

コラボレーティブコンピューティング/Collaborative Computing とは?

https://docs.microsoft.com/en-us/mesh/overview

 コラボレーティブコンピューティング/Collaborative Computingとは、HoloLensの生みの親であるMicrosoftのAlex Kipman氏が、2017年に東京で開催されたイベント「Decode」で登壇した際に語ったMixed Realityで実現する未来の姿を現す言葉です。

 コンピュータの誕生から、スマートフォン・タブレットの誕生までの時代は、個々人がデバイスと対面して画面越しにメールやチャット、ビデオ通話などを通して他人とやりとりする、いわばパーソナルコンピューティングの時代と呼ばれていました。

 これに対して、コラボレーティブコンピューティングとは、実空間をコラボレーション・スペースとして使い、離れた場所にいても、さまざまなデバイスを用い参加する事で、目の前に同じデータや同じ景色を表示しながらコミュニケーションを行うことができるようになるものです。

 より具体的には、あなたは日本のオフィスにいながら、アメリカの支社のメンバーをアバターとして空間に呼び出し、何か新しい企画のブレインストーミングを身振り手振りを交えながら行ったり、自分の部屋にいながら、アバターとして表示されているクライアントに3Dのパワーポイントを使ってプレゼンテーションを行ったり、まるでSF映画で描かれていたような会議が実現できます。


Personal Computing Is Dead, Long Live Collaborative Computing
https://next.reality.news/news/personal-computing-is-dead-long-live-collaborative-computing-0177737/

https://www.microsoft.com/en-us/mesh

Microsoft Mesh とは?

 Microsoft Meshは、Microsoftの提供する複合現実の開発プラットフォームです。Mesh上には、アバター機能、進化した空間認識機能、クロスプラットフォーム機能、シェアリング機能など、開発に必要なコンポーネントやツールキットが用意され、これまでよりも簡単にマルチユーザー向けの複合現実アプリケーションが開発可能になります。

 また、Microsoft Meshで提供される機能を駆使したHoloLens2向けのサンプルアプリであるMicrosoft Mesh Appも既に提供が始まっています。

Microsoft Mesh
https://www.microsoft.com/en-us/mesh?rtc=1

https://www.microsoft.com/en-us/mesh?activetab=pivot%3aprimaryr7

WHITEROOMとは?

 WHITEROOMは、コラボレーティブコンピューティングを実現するための、Mixed Reality技術を活用した国産の遠隔会議システムです。ネットワーク環境があればどんな場所からもアバターとして会議に参加でき、3Dモデル、オフィスドキュメント、PDF、画像、動画などを共有しマルチデバイスかつ複数人でコミュニケーションすることができます。

 特にWHITEROOMは国内の企業向けに設計されており、権限管理機能や強固なセキュリティをはじめ、議事録に活用できる音声メモ機能やエビデンス作成のためのキャプチャ機能など、ユースケースに沿った数々の機能が搭載されています。
 WHITEROOMがあれば、デザインレビュー、遠隔支援、遠隔セールス、遠隔授業、遠隔診療など、実に幅広い用途でMRを活用することができます。

WHITEROOM
https://whiteroom.business/

WHITEROOMの活用事例

 2021年2月、京都光華女子大学ではWHITEROOMを活用した遠隔での看護技術実習の検証授業が行われました。看護学科では授業の過程で実際の医療器具を用いた実習を行う事が必須でしたが、新型コロナウイルスの蔓延にともない実習を実施できないのが深刻な問題になっていました。そのような状況下でも、WHITEROOMを用いることで、一部の学生が自宅にいながら実習授業を行うことができました。

 三菱パワー株式会社では、社内のMixed Reality遠隔支援プラットフォーム「MHI Virtual Meeting Room」の基盤にWHITEROOMが採用されました。現場の作業者がHoloLensを装着し、自分の視界の映像を遠隔地のオペレーターに共有することで、機器の操作方法をスムーズに伝達する事が可能になります。

三菱パワーと南国アールスタジオ、Mixed Reality遠隔支援プラットフォーム「MHI Virtual Meeting Room」の共同開発を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000060741.html

WHITEROOMなら面倒な導入作業が無く、HoloLensがあれば契約後すぐにご利用いただけます。
また現在、無償一カ月のトライアルプランも受け付けています。
この機会にぜひご利用ください。