Meta Quest ProをMRで使いたい / パススルー機能を使いたい

Meta Quest ProをMRで使いたい / パススルー機能を使いたい


Meta Quest Proでは本体のカメラの映像を背景に合成して、MRのように参加できるパススルー機能がご利用いただけます。
こちらではパススルー機能の使い方をご案内いたします。
※Meta Quest 2でもご利用いただけますが、背景映像は白黒となりますのでご了承ください。

Meta Quest Proにてパススルー機能を使用するには、メインメニューのOthers > Settings > Visibilityより「シーンを表示する」をOFFにしてください。

また、それ以外にも左コントローラーのメニューボタンからもパススルーのON/OFFを切り替えることができます。

Meta Quest ProのMR参加に関して、HoloLensやiOS(MR)で利用可能な拠点の切り替え/統合の操作を現時点ではサポートしていません。そのためパススルーで見える現実空間上で、同じ部屋にいるユーザー本人とそのアバター両方が表示されていたり、見えているオブジェクトの位置が一致していないなどの状況になりますがご了承ください。

また現在、パススルーのON/OFFを素早く切り替えた際にアプリがフリーズするケースが確認されています。その際はお手数ですが一度Quest本体のメニューよりアプリを終了させ、再度WHITEROOMを立ち上げてルームに入室いただくようお願い致します。